読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事・採用担当者必見!こうすればうまくいく☆採用活動のお役立ち情報

私、さとえりが日々の広告営業でお会いした方々に月1~3回不定期に配信させていただいている【情報DM】のアーカイブです。

既婚女性の資格・免許に関する調査

【既婚女性の資格・免許に関する調査】

専業主婦の6割以上が運転免許以外の資格・免許を保有!
趣味や仕事に活かす実益派がいる一方、
多くの資格・免許は活かせていない!
 
「資格・免許(運転免許除く)」に関するアンケートを
2015年8月7日~8月13日に実施し、その結果が報告されています。
アンケートの対象は、30代~40代の主婦が中心
埋め込み画像 1
 
 アンケートではまず、運転免許以外の資格・免許の保有状況について聞きましたが、
その結果、68.7%の方が何らかの資格・免許を保有していることがわかりました。
 また、専業主婦の方でも同様に64.6%の方が何らかの資格・免許を保有していました。
埋め込み画像 2
 
中には、「出産に伴って退職し再就職に使えるかと思い医療事務の勉強をしました。
子供が幼稚園に入り、さあ職探しと思ったら、募集があるのは8時からが多く子供が入った幼稚園は
8時前からは見てくれず、未だに出番はありません」(医療事務、30代以下)といったように
せっかく資格・免許を持っているのに、活かせていないという意見も多数見られました。
 
 今回のアンケートでは、専業主婦の方にも仕事に役立つ資格・免許を持っている、
あるいは資格・免許を仕事に活かしてきた方が大勢いる一方で、せっかくそうしたスキルがあるにもかかわらず、
現在は外に働きに行くことができず、活かすことができていない方も多数いらっしゃることがわかりました。
 
 少子高齢化が進み労働力不足が叫ばれている中で、
女性の労働力の活用に注目が集まっていますが、
こうした家庭に埋もれた主婦のスキルが活かすことができるような仕組みが求められていると言えそうです。