読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事・採用担当者必見!こうすればうまくいく☆採用活動のお役立ち情報

私、さとえりが日々の広告営業でお会いした方々に月1~3回不定期に配信させていただいている【情報DM】のアーカイブです。

人事担当の方必見!面接手法

【人事担当の方必見!面接手法】
出典:株式会社グローバルウェイ(キャリコネ(http://careerconnection.jp/biz/tyosahan/content_1214.html
 
働きやすい企業であったり、人気ランキング上位企業など
注目度の高いGoogleを始めとする様々な企業が取り入れている面接手法をご紹介!
 
Googleは採用基準に5つの項目を設定しています。
その1つが『一般的な認識能力』。
学習能力や迅速な処理能力、そして異なる情報の断片をまとめることが必要とされます。
ではその能力を見極めるためにはどんな質問を行っているのだろうか?
 
行動や志向の特性を見抜く
行動面接手法といって=STAR面接とも言われています。
Situation(状況)、Task(職務)、Action(行動)、Result(結果)の頭文字をとったもの。
 
自分がどういう状況のもと?⇒どんな職務や課題で?
⇒どんな行動を?⇒そしてその結果は?
 
と順序立てて質問することで、過去にひもづけて質問の回答をしていくため、
求職者は嘘をつきにくく、パーソナリティを見抜くことができるようです!
 
Googleはほかにも『リーダシップ』『謙虚さ』『主体性』『潜在能力』と
明確な採用基準を設けています。
このように明確な採用基準を設定することで、
ぶれることなく人材を採用することができ、
その企業にとって価値ある人材を獲得できるのではないでしょうか
 
ぜひ参考にしてみてください!
--