読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事・採用担当者必見!こうすればうまくいく☆採用活動のお役立ち情報

私、さとえりが日々の広告営業でお会いした方々に月1~3回不定期に配信させていただいている【情報DM】のアーカイブです。

2025年働くを予測する

【2025年働くを予測する】
端的に申し上げますと、
労働人口は減り、主にサービス業の伸びが鈍化し
製造業・建築業の労働者人口の減少幅は縮小するそうです。
つまり今労働者が足りていないと言われている職種は
労働人口等の減少により今後もより採用が厳しいということが書かれています。
では具体的にグラフで解説していきます!
 
埋め込み画像 2
就業者が減少しているのがよく分かります。
ですが、一つ注目してほしいのが、
女性は少づつ伸びています。
 
埋め込み画像 3
みなさんもご存じの通りやはり若手人口の割合は
たった10年で約5%も減ってしまうと予測されています。
埋め込み画像 4
ここではサービス業の就業者の伸びが鈍化してしまうことが予測されています。
若い人材の確保も厳しくなるだけでなく人材の確保も厳しくなってしまうことが予測されます。
埋め込み画像 5
埋め込み画像 1
さらに、雇用形態もさらに多様化していくようです。
 
たった10年ですが人材業界は、
常にスピード感のある業界であるため、多少なりとも変化があるようです。
常に先を見据えて人材を獲得していく事も重要なポイントの一つかもしれませんね!